妊娠中絶を行う女性の方が増えてきています。そのような場合は優秀な女医に手術を依頼しましょう。

妊娠中絶は優秀な女医に相談するのがベスト

手術に関する専門的な知識

最近では若い女性の利用が増えてきている手術です。

妊娠中絶手術とは、望まれない赤ちゃんを産みたくない方が利用する手術です。この手術を受けるためには、専門のクリニックを利用する必要があります。基本的にパートナーの同意が必要で、手術できる期間も限られているので注意しましょう。また、優秀な女医なら女性の方も安心して相談することができるはずです。

READ MORE
手術のリスク管理について

手術に関する基本的な情報を知識として覚えておく

人工妊娠中絶を利用する場合は、妊娠が発覚してからすぐに専門のクリニックに相談する必要があります。これは、できるだけ早く相談するのがベストです。産婦人科のあるクリニックなら、このような手術の相談ができるでしょう。最近では、レディースクリニックというクリニックも登場しています。レディースクリニックは女医だけでなく、スタッフも全員女性の場合が多いので、不安なく利用することができるでしょう。

READ MORE

手術に関する疑問を解消しておこう

妊娠が発覚した場合には、産むのか産まないのかを決める必要があるでしょう。手術を決断するには様々な情報をチェックしておくと便利です。手術に関する疑問を解消しておけば、不安も和らぐでしょう。手術をするかどうか迷っている方は少なくありません。分からないことをそのままにすると、手術に対して正しい決断を下すことが難しくなってしまいます。

人工妊娠中絶に関するあれこれ

手術に必要な費用はどのくらい必要になる?

基本的に、手術の方法や妊娠周期によって変わってきます。妊娠してから12週までなら10万円から15万円程で手術を行うことができます。しかし、12週以降は費用が高くなり、30万円から50万円程掛かることがあります。また、手術以外にも様々な費用が掛かるので覚えておきましょう。初診代に約11,000円、子宮がんやクラミジアの検査に約11,000円くらいかかります。そして術前の心電図や貧血検査に約11,000円の費用が掛かるのです。

妊娠が発覚してからすぐに手術を受けるべき?

中絶する場合、妊娠が発覚してから早ければ早いほど費用が安くなります。逆に言えば、判断が遅くなるほど費用が高くなってしまうのです。妊娠が発覚したら、すぐに専門のクリニックと手術について相談して決断するようにしましょう。また、手術以外にも費用が発生する事を理解しておく必要もあります。また、手術費用は前払いが基本となるので事前に準備することが大切です。

具体的にどのくらい費用に差が出るの?

手術費は妊娠から8週目までなら約13万円です。10週目までは16万円、12週目までなら19万円くらいで手術を受けることができるでしょう。それ以降の手術となると、母体の状態や胎児の育成状況によって費用が変わってきます。さらに、費用が抑えられるだけではなく、母体へのダメージも少なくて済むのです。手術をするのに最も適しているのが、妊娠8週目頃までと言われているので、早めに手術を行う方が良いでしょう。

手術はいつでも受けられるの?

人工妊娠中絶を受けられる期間は決まっています。その為、できるだけ早く判断する必要があるでしょう。基本的に妊娠周期は初期と中期に分けられています。妊娠初期とされるのが12週目までで、中期が12週目から22週目までです。母体に大きな負担が掛かることから、22週目以降になると手術を受けることができません。妊娠してから10週目、もしくは11週目までには手術の決断をするのがベストでしょう。

手術の方法は自分で選べるの?

人工妊娠中絶手術に関しては胎児や母体の状況、妊娠周期によって適切な手術方法が変わってきます。自分が受けたい手術方法をリクエストすることはできても、必ずしもその方法を利用できるとは限らないのです。クリニックによっても利用できる方法が変わってきます。基本的に掻爬法と吸引法を利用しますが、12週目以降の妊娠中期になると人工的に流産させる方法を用いる場合が多いです。

【PR】
中絶手術なら東京のクリニックへ
施術料金を簡単に確認できる。

妊娠中絶なら大阪のクリニックで受けよう
体に優しい施術を提供してくれる!

若い女性の方が多い

近年、若い女性が妊娠し、中絶することが増えてきています。性行為の低年齢化が起こっており、10代の若い女性の方が妊娠することも多いのです。そのため、若い女性が中絶を利用する割合は高いと言われています。10代や20代前半の女性の場合は手術の費用を用意することも難しくなるでしょう。妊娠周期が過ぎれば過ぎるほど手術の難易度も上がり、費用も掛かってくるのでできるだけ早めに決断する必要があります。

妊娠中絶手術とは何か

どのような手術を行うのか理解しよう

国内では、妊娠中絶手術が母体保護法で認められています。赤ちゃんを産むか産まないかを決める最終的な権利は女性にあるので、専門の女医としっかりと相談してから手術するかどうかを決めましょう。基本的に産むか産まないかの決断は早ければ早いほど良いと言われています。これは手術の安全性にも関わってくるからです。妊娠が発覚したらすぐに専門の医師やパートナーと相談するようにしましょう。

手術を行えない場合がある

母体保護法では中絶手術が認められていますが、妊娠してから21周と6日までに行わなければなりません。つまり、21週と6日を超えてしまうと手術を行うことが難しいのです。一般的には22週と言われることが多いでしょう。最も安全に手術を受ける事ができる期間は妊娠から12週目頃までと言われています。12週目までなら手術の難易度も低く、母体に与える負担も最小限に抑えることができるのです。妊娠から時間が経てば経つほど、母体への負担も大きくなります。

手術の方法は大きく分けて二種類

従来までの特殊な器具を用いる手術では、子宮口を広げて子宮から赤ちゃんを掻き出します。また、現在ポピュラーなのが吸引法です。吸引器で赤ちゃんを吸い出す方法で、器具を用いる方法に比べて痛みは少ないですが、妊娠10週を超えると利用できない場合が多いでしょう。基本的に妊娠12週目までが安全に手術を行えるボーダーラインとして考えておきましょう。12週目以降は人工的に流産させる方法を用いることが多いのです。

手術の流れについて

一般的に手術は麻酔を打ってから施術します。基本的に手術前の飲食は控えましょう。手術の10時間程前からは水を飲んでもいけません。医師の指示はしっかりと守るようにしましょう。麻酔は施術の30分から60分前に使用します。人工妊娠中絶自体は10分から15分程度で手術が終わるでしょう。ただ、手術後も麻酔が残っているので、暫くクリニックで休む必要があります。2時間から3時間ほど安静にした後に退院できるでしょう。

広告募集中