手術に関する専門的な知識

基本的に2つの手術が利用できるでしょう

人工中絶手術を行うには難しい決断が必要になります。女医としっかり相談することで正しい決断ができるでしょう。基本的に吸引法と掻爬法を利用して手術を行います。この2つの手術には異なる特徴があるので、妊娠周期や母体、胎児の状態によって利用できる手術方法が変わってくるのです。手術に適した妊娠周期も変わってくるので、確認しておく必要があります。事前に手術方法について知識を持っておくことで、より安心して手術を受けることができます。吸引法の場合はクリニックや医師による差は出ませんが、掻爬法の場合だと医師の技術力によって差が出ます。

痛みが少ない安全な手術

女医であれば誰が施術しても失敗が少ない方法が吸引法です。子宮内の胎児を専門の機器で直接吸い出す方法を吸引法と言います。妊娠12週目までは安全に利用できるでしょう。失敗のリスクが少ないので、安全に中絶手術が行なえます。基本的に吸引法は妊娠が発覚してから早ければ早いほど、安全に利用することができるでしょう。吸引法を利用したい方は、妊娠が発覚してからできるだけ早めに手術を受ける必要があります。吸引法の場合は専門の機器で胎児を吸い出すので、何度も子宮内を掻き回す必要がないのです。基本的に10分から15分程度で手術は終了します。クリニックによって違いが出にくい手術方法なので、クリニック選びをしている時間のない方にも安心して利用できるでしょう。

昔から利用されていたポピュラーな方法

掻爬法はスプーンのような器具を子宮内に入れ、胎児を掻き出す人工中絶手術の方法です。優秀な女医であれば失敗のリスクも少なくて済むでしょう。古くから利用されてきた方法ですが、豊富な経験と高い技術が必要になる手術方法です。掻爬法は単純な手術なので、高い技術を持った医師なら感染症などのリスクを抑えることもできます。ただ、どの医師が手術を行っても同じような結果が得られる訳ではないので、掻爬法を利用する場合は医師選びが大切になるでしょう。掻爬法の場合は、胎児などの組織を綺麗に掻き出すために何度か子宮内を掻き回す必要があります。その時に子宮内を傷付けない為には、高い技術が必要なのです。医師の経歴などを事前にチェックしておきましょう。

広告募集中